ニュース

2016年02月19日

スポンサードリンク
モデルでタレントのダレノガレ明美(25)が、16日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で抜群の存在感を発揮した。

 この日の放送は「犬好き・猫好き芸能人SP」で、ゲストは犬派と猫派にわかれてスタジオに登場。猫好きタレントとして席についたダレノガレは、序盤から積極的な姿勢で共演者らのトークをリードした。

 そんな中、犬派のゲストが「犬は賢いから会話ができる」と話し始めると、ダレノガレも「(飼っている猫の)COCOちゃんもぺらぺら喋る」と賛同。話しかけるたびに、「明美のことダイスキだよ」と答えてくれると言って共演者を驚かせた。

 また、自身の前歯の神経が死んでいることをCOCOちゃんが教えてくれたなど、まるで友人のように愛猫とのエピソードを披露。その際、ダレノガレは何度も声色を変えてCOCOちゃんのモノマネ(?)を実践し、大いにスタジオをわかせた。

 その後も、ダレノガレは「自分が飼い主バカだなと思うとき」というテーマで、あまりにも猫が可愛すぎるために「泊りがけの仕事は入れないようにしている」と告白。しかし、その直後に司会の明石家さんま(60)に「男の家に行くときもか?」と聞かれると、「彼氏の家に泊まるときは別!」と即答し、ゲストから総ツッコミを食らうなど大活躍となった。

「今回のゲストには、元AKB48の板野友美さん(24)や、現在ハーフ系のタレントとして売り出し中のモデル・瑛茉ジャスミンさん(20)なども出演していましたが、彼女たちの存在感が薄まってしまうほど、ダレノガレさんのトークが炸裂しましたね。特に板野さんは、自己紹介のときに飼っているペットについて話した程度で、ほとんど目立った場面がありませんでした。

 また、ジャスミンさんは愛犬のモノマネをして注目を集めたものの、ダレノガレさんのような吹っ切れた感じがなく、どこか照れているようでした。初登場ということなので緊張もあったのでしょうが、ネット上の視聴者からは『肩出しドレスがセクシー』とビジュアル面で高評価を受けていたので、トークでも結果を出せれば...と考えると残念ですね。まあ、ジャスミンさんが奮闘すれば、ダレノガレさんも一層ヒートアップしたでしょうが(笑)」(芸能ライター)

 出演者の中でも際立って大きな爪痕を残したダレノガレ。こうして結果を残し続けることができれば、今後も順調なタレント活動を送れそうだ。

「このところのハーフ系タレント事情といえば、ベッキーさん(31)の休業やSHELLYさん(31)の産休などで、椅子取りゲームが激しくなっています。そういった状況ですから、ダレノガレさんもバラエティでのポジションを確立したいと意気込んでいることでしょう。今回の『さんま御殿』では、そんな気迫が前面に出ていたように思います。

 ただ、ベッキーさんがレギュラー出演していた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では鈴木奈々さん(27)が新たに起用され、SHELLYさんがMCを務めていた『今夜くらべてみました』(同)には指原莉乃さん(23)が抜擢されるなど、ハーフ系どうこうといった枠組みは実際のところあまり関係ない。タメ口や毒舌といった、ハーフ系ならではのキャラで人気者となったダレノガレさんですが、そのイメージにこだわらないほうがいいように思います」(前同)

 『さんま御殿』では、流暢なトークでスタジオをわかせ、さんまのフリにも見事に答えていたダレノガレ。そんな彼女は、すでにハーフ系タレントというジャンルから、一歩抜け出しつつあるのかもしれない。
(文=aiba)

メンズサイゾー
外部サイト

前代未聞「現役アイドルの乳首吸い写真」流出騒動…驚きの結末
マギーを一蹴したダレノガレ明美、“ゲスノガレ”な一面で好感度上昇中!?
NMB48・渡辺美優紀、有吉の「本当に恋愛禁止かどうか…」に素直すぎるリアクション
http://news.livedoor.com/article/detail/11192869/

PR)戦国プロヴィデンスX

2016年01月26日

 モデルでタレントのダレノガレ明美(25)がマギー(23)に対してホンネをぶちまけて話題となっているが、ネット上では"意外"な反応が巻き起こっている。

 3日放送のバラエティー特番『世間とズレてる芸能人は誰だ!? ズレ!オチ』(フジテレビ系)で、マギーへの強烈なライバル心をあらわにしたダレノガレ。この番組は、芸能人が自分自身のことを本当に理解しているのか、世間とのズレを暴き出しながらトークを展開するというもの。この中でダレノガレは、「20~60代主婦100人に聞いたバラエティーで生き残りそうなハーフタレントランキング」で、自分が何位に選ばれるのかを当てるクイズに挑戦した。

 ハーフ系のタレントといえば、10年以上も第一線で活躍するベッキー(31)、公私ともに順調で今後はママタレとしての姿も期待できそうなSHELLY(31)、ハリウッド進出も果たしたローラ(25)、キャスターとしても高い人気を誇るホラン千秋(27)、おバカキャラとしてブレイク中の藤田ニコル(17)など個性豊かな面々がそろっている。

 トップ10入りするだけでも大変そうなランキングを前にしてダレノガレは、「にこるん(藤田)よりは絶対上。マギーは事務所の力が強いんだよな~」とポツリ。静かにもれたホンネにMCのフットボールアワー・後藤輝基(41)が「お前なんちゅうこと言うねん」とツッコミを入れたが、続けて「マギーよりしゃべれんだよ、私。アイツつまんねーもん」と言い放った。

 さらに、「私のほうがスタイルブック売れた」とカメラ目線で強気発言。ランキングの結果でも、8位のマギーを上回って6位に選ばれた彼女は、「マギーに勝った」「めっちゃ嬉しい」と何度も叫んで大喜びした。ちなみにトップスリーは、1位=ベッキー、2位=SHELLY、3位=ローラだった。

 ダレノガレの過激な発言で番組は盛り上がったが、当然ながらネット上でも大きな話題に。マギーを「つまんねー」と一蹴したダレノガレに対して批判的な声もあったが、多くのネットユーザーたちはダレノガレに好意的な視線を向けたのだ。

 Twitterや大手掲示板サイトなどには、「ここまでハッキリ言えるダレノガレはすごい」「ダレノガレは自分の仕事を理解している」「ヒールキャラは今年も健在だな」などとイメージ通りの発言をしたダレノガレを称賛するコメントが続出。炎上タレントと呼ばれてアンチも多いダレノガレだが、その毒っ気のあるキャラクターはタレントとして大きな武器となっているようだ。

「以前出演したバラエティーで『普段は敬語を使っている』と話していたように、ダレノガレさんはカメラの回っていないところでは礼儀正しいと言われています。TPOをわきまえる彼女とすれば、今回の発言も番組を第一に考えてのことでしょうし、マギーさんとの仲が良いからこそのコメントだったハズです。番組のテーマやカラーなどをきちんと把握している彼女は、バラエティーでもマジメに取り組んだ方が面白いと判断した場合は誰よりも真剣な顔をしていますよね。

 その一方で、昨年の秋にスタートした『THE HOUSE first season』(TOKYO MXほか)では、ゲスい部分を全開にして視聴者を喜ばせています。この番組は、初対面の男女がシェアハウスで繰り広げる恋愛を追ったもので、『テラスハウス』(フジテレビ系)に似ていますが中身はまったくの別物。『THE HOUSE』は男女が同じ布団で一夜を共にしたり、恋愛の駆け引きに姑息なものがあったりするなど、『テラハ』よりも生々しい仕上がりです。

 そんな番組の中でダレノガレさんはVTRを見てコメントしているのですが、『コイツ絶対ヤリ○ン』『こんな女いたらぶっ飛ばす』と、かなり過激な発言を連発した。中にはもっと汚い言葉もあり、『テレビでそんなことを言うな』と批判されそうですが、番組ファンからは親しみを込めて"ゲスノガレさん"と呼ばれています。7日からセカンドシーズンが始まるとあって、ゲスノガレさんの発言を楽しみにしているファンも多い」(ネットライター)

 ダレノガレのマギーに対する発言が大きなバッシングの火種とならなかったのも、的を射た部分があったのだろう。バラエティで絶妙な立ち回りを見せるダレノガレは、群雄割拠のハーフ系タレントの中でも、ひときわクレバーなタイプと言えるのかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー
外部サイト

おのののか、初水着を披露し新年早々話題に! メゲない強さで2016年も攻めの姿勢崩さず!?
乃木坂46・齋藤飛鳥が痴漢被害!? “犯人”の自慢でファン大激怒
「キャラかぶり」橋本マナミ・壇蜜の派閥争いが激化…芸能界の熾烈なイス取りゲーム
http://news.livedoor.com/article/detail/11032359/


ENJO [ 樂滿直城 ]

ENJO [ 樂滿直城 ]
価格:1,944円(税込、送料込)